日本中東学会は、『日本中東学会年報』への投稿を受け付けます。

1. 締め切り
『日本中東学会年報』は年に2回刊行されています。1号への投稿締切は、毎年12月1日、2号への投稿締切は、6月1日です。ご投稿をお待ちしています。
2. 外国語での投稿を歓迎
本誌は発刊以来、英語のみならずアラビア語などの外国語で成果を発信していくという理念をもっています。外国語での執筆は広く海外の研究者に日本の研究の成果を知っていただく良い機会になりますので、ぜひご一考ください。論文以外でも、たとえば書評、研究情報の紹介、そして博士論文要旨などの原稿も歓迎いたします。また2008年11月の『日本中東学会年報』投稿規程改正により、海外の非学会員による英語での論文投稿が可能となりました(詳細にかんしてはこちらをご覧ください。)。国際シンポジウム、国際ワークショップ、研究会などの場で海外の研究者の方々に本件を是非告知頂ければと思います。
3. 特集の企画募集
本誌では各号に外国語での小特集を組むという企画を進めています。会員の皆様で企画の案がございましたらぜひ編集委員会にご連絡いただければ幸いです。なお、特集の責任者が会員であれば、特集に参加する他の寄稿者が会員かどうかは問いません。
4. 投稿申請票・投稿規程・執筆要領
投稿に当たっては、「投稿申請票」(こちらからダウンロードしてください)を原稿に添付ください。投稿される方は、下記の新投稿規程をご確認ください。また、原稿執筆要領にしたがって、原稿を作成いただくようお願いします。
5. 原稿送付先
連絡先ならびに原稿提出先は、下記のとおりです。原則として、電子ファイル(ワードファイル及びPDFファイル)での提出をお願いします。電子ファイルでの提出が難しい場合や、特殊なフォントなどをご使用の場合は、下記住所に郵送ください。
日本中東学会年報編集委員長
E-mail: ajames-editor@james1985.org
*メールアドレスの@は、迷惑メール防止のため全角になっています。
住所:〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
近藤信彰 気付
6. 電子ジャーナル
AJAMESは、2005年度から国立情報学研究所の運営するNII-ELSに参加しています。すでに創刊号より近刊号までの掲載論文の全文データがダウンロード可能になっております。著作権使用の許諾をいただいた執筆者の皆様にお礼を申し上げます。学会会員の論文ダウンロードは無料ですので、学会員であることを申告の上NII-ELSにご登録のください。
https://register-ci.nii.ac.jp/userregist/userTypeSel.do?lang=ja
以上の点、またそれ以外の点でも疑問や提案などがございましたら、編集委員会、あるいは編集委員までご一報ください。
「投稿申請票」

『日本中東学会年報』投稿規程

『日本中東学会年報』原稿執筆要領

日本中東学会年報編集委員会
粕谷 元