2018年度の年次大会は上智大学四谷キャンパスで開催されます。例年どおり、大会の1日目が公開企画と総会、2日目が研究発表になります。どうぞよろしく御参集くださいますようお願い申し上げます。

【開催日時】
2018年5月12日(土)・13日(日)
【開催場所】
上智大学四谷キャンパス(東京都千代田区紀尾井町7-1)
上智大学四谷キャンパスの位置は下記のURLでご確認ください。
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya
【実行委員会】
委員長:小牧昌平
事務局長:岩崎えり奈
委員:赤堀雅幸、阿部るり、荒井康一、岡戸真幸、私市正年、澤江史子、辻上奈美江、福永浩一、丸山英樹
【公開企画】
(非会員の方も、参加登録不要・無料にてご来聴いただけます。)
2018年5月12日(土曜日)13:00~16:45  6号館307室
共催:上智大学イスラーム研究センター 協賛:上智大学総合グローバル学部

十字軍と現代
―ヨーロッパ、中東、そして日本

十字軍はヨーロッパ世界とイスラーム世界とが出会った歴史的出来事でした。しかし、この出会いは、両世界の経済的、文化的な交流を促進しただけでなく、互いに「他者」として認識し始める契機になったともいわれます。その後、「十字軍」という概念は、歴史的事実から離れて独り歩きし、政治や経済や文化の多様な文脈で使われるようになりました。本講演会では、十字軍にかかわる諸問題を、歴史的出来事であると同時に、現代的な概念の問題としても議論したいと思います。

13:00~13:05
開会・趣旨説明 私市正年(上智大学)
13:05~13:45
ヨーロッパ史からみた十字軍・・櫻井康人(東北学院大学)
13:45~14:25
イスラーム史からみた十字軍・・太田敬子(北海道大学)
14:25~15:05
歴史教育における十字軍・・・・松本高明 (都立富士高校)
15:05~15:45
言説としての十字軍・・・・・・・保坂修司(日本エネルギー経済研究所)
15:45~16:00
休憩
16:00~16:45
討論、まとめと閉会・・・・・・私市正年
17:00~18:00
日本中東学会総会 (会員のみ)
18:30~20:30
懇親会 (2号館 5階 学生食堂)
【企画セッション・個人研究発表】
(会員・非会員ともに参加登録が必要です。)
2018年5月13日(日曜日)9:00~16:20 2号館3階
最終プログラム(*pdf)
第34回年次大会イベントポスター
【当日参加登録】
大会参加費:2,000円 懇親会費:6,000円(学生会員5,000円)
事前参加登録、懇親会費・13日昼食のお弁当代の振込は4月20日(金)に締め切ります。
【連絡先】
日本中東学会第34回年次大会実行委員会
〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学外国語学部 岩崎えり奈研究室
Tel. 03-3238-3953 E-mail: jamesophia2018@gmail.com

年次大会のメニューに戻る