既にお知らせのとおり、日本中東学会第32回年次大会は2016 年5 月14日(土)、15日(日)の両日、慶應義塾大学の三田キャンパスにおいて開催されます。大会案内と最終プログラムを以下のとおりお知らせいたします。

【1日目の公開企画】
1日目(5月14日)午後の公開企画は、シンポジウムです。『インド洋海域史研究の現在』と題し、同分野を長年にわたり牽引し続けてこられた家島彦一氏をはじめ、インド洋海域とその周辺地域を専門とする計5人の研究者をお迎えします。地中海と同様、中東研究にとり重要な海域であるインド洋海域を多様な視点から議論していただきます。
【2日目の個人研究発表・企画セッション】
2日目(5月15日)は、個人研究発表と企画セッションが行われます。企画セッションは、Matthew GRAY, TSUJIGAMI Namie, Sean FOLEYの報告によるReimagining the Politics of the Gulf Monarchies in the 21st Centuryと、高尾賢一郎、後藤絵美、松永泰行(コメンテーター)の報告による『現代ムスリム社会における宗教権威:ウラマーとイスラーム主義者を事例として』、さらに近藤久美子、榮谷温子、宮川光國の報告による『非母語話者に対するアラビア語教育と評価:アラブ地域と日本における事例から』の三つです。個人研究発表は、八つのセッションに分かれて行われます。詳細は、以下の最終プログラムをご覧下さい。
*日本中東学会第32回年次大会最終プログラム
【当日の参加申込】

日本中東学会第32 回年次大会への事前参加の申込は、去る4月15日(金)に締め切りましたが、当日も年次大会と懇親会への参加は受け付けます(2日目の弁当および託児所利用の当日申込はお受けできません)。なお、当日受付の場合の大会参加費は2,000 円、懇親会費は7,000 円(学生会員は5,000 円)とさせていただきます。ただし、大会1 日目(5月14日)の公開シンポジウムのみの参加であれば、大会参加費の支払は必要ありません。

【会場へのアクセス】
  • 田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩8分
  • 三田駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線)徒歩7分
  • 赤羽橋駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩8分
【大会についての連絡先】
日本中東学会第32回年次大会実行委員会事務局
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学文学部 長谷部史彦研究室
Tel:03-5427-1574(研究室棟受付)
Fax:03-5427-1578(研究室事務室共用)
E-mail:james2016.keio@gmail.com
*可能な限りメールでご連絡・お問い合わせをいただければ幸いです。

年次大会のメニューに戻る